院長 漢方コラム

漢方治療のタイミング

「風邪には葛根湯」ほとんど方がご存知のフレーズだと思いますが、実際には、これは正しくありません。

漢方薬には使うタイミングがあります。
葛根湯を使うのは、風邪の引き始めでなければなりません。

ぞくぞくして、項がこってきたら葛根湯です。

風邪を早く治すように自律神経系、免疫系を誘導すると考えられています。
これを風邪の自然経過を修飾すると言います。