漢方のお話

花粉症と漢方

漢方薬は、飲み続けなければ効果が出ないという認識をお持ちの方が多数いらっしゃいますが、
実は、即効性のあるものが多くあります。

たとえば、花粉症(その他の鼻炎症状)で使われる漢方薬
眠気と粘膜の乾燥を起こさず最も安全で即効性に優れた治療の一つといえます。

花粉症では、以下のような漢方薬を使用します。
・小青竜湯(基本的漢方薬)
・竜虎湯(小青竜湯と五虎湯を合わせます)
・竜附湯(冷え症が強い人)
・苓甘姜味辛夏仁湯(薬に敏感で副反応が出やすい人)
・大青竜湯(麻黄湯と越婢加朮湯を合わせ、花粉症には最も強力な漢方薬です。)

花粉症の治療には、上記以外にも多くの漢方薬を、患者さんの体質・病状に合わせて使用します。
大野クリニック
内科・リウマチ科・アレルギー科・胃腸科
埼玉県此企郡小川町小川491-2
TEL:0493-74-1868
診療時間 9:00~12:00 15:00~18:00
休診日 日曜、祝日、年末年始

東武東上線・八高線小川町駅から徒歩7分
関越自動車道嵐山小川町ICより10分
当院は、埼玉県の小川町にある内科クリニックです。
西洋医学と漢方医学の両方を取り入れ、リウマチ・膠原病、高血圧症、高脂血症、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群、花粉症、アトピー性皮膚炎の治療しています。
当院の診療は、リウマチ・膠原病専門医、アレルギー専門医、呼吸器専門医、総合内科専門医、放射線専門医、漢方専門医が担当しています。

小川町・東松山・嵐山・森林公園・ときがわ・吉見・日高・東秩父・越生・熊谷・深谷・寄居・長瀞・皆野・秩父・坂戸・鶴ヶ島・川島・川越などのエリアからご来院いただいております。