人間ドック(2019年9月から実施予定)

予防医学の観点から生まれたしくみです。症状の有無に関わらず定期的な検査を行うことで、早期の疾患や異常をチェックする健康診断の一種です。当院では以下のプランの対応をしております。

スタンダード

高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクや胃がんなどのスクリーニングを行います。

料金:37,000円(税抜)

身体測定 身長・体重・標準体重・肥満度・BMI・腹囲測定
問診問診
診察診察
血圧測定血圧測定
聴力オージオメーター
視力・眼底視力・眼底検査
血液型ABO式・Rh式(初回のみ)
血液学的血色素量・Ht・赤血球数・白血球数・血小板数・4MCV・MCH・HCHC・血液像
肝機能GOT・GPT・γ-GTP・ビリルビン(総・直)・総蛋白・アルブミン・A/G比
腎機能・泌尿器蛋白・糖・ウロビリノーゲン・潜血・比重・PH・沈渣/尿素窒素・クレアチニン・尿酸・Na・K・Cl・AL-P・CH-E・LDH・アミラーゼ(血液・尿)
内分泌・代謝・他総コレステロール・HDLコレステロール(善玉)・中性脂肪・LDLコレステロール(悪玉)・non-HDLコレステロール・空腹時血糖・HbA1c・リウマチ因子(RF)・CRP・ASLO・血沈値・血清梅毒反応 HBs抗原・HCV抗体・FT4・TSH
腫瘍マーカーCEA(消化器系)・PSA(男性=前立腺)・CA125(女性=卵巣)・AFP(肝)
循環器系心電図・心拍数
消化器系胃内視鏡・便潜血2日
呼吸器系肺機能検査・胸部X-P

※当院では、胃部X-P(バリウム検査)ではなく、すべて内視鏡検査(口・鼻)となります。
※人間ドックですべての病気が分かるわけではありません。

肺(肺がん)ドック

日本人のがんの死亡数では、肺がんが最も数が多い部位となっています。男性では1番、女性では2番目に多いのが肺がんで、早期発見が特に重要とされています。当クリニックでは、最新式マルチスライス16列CTによる、低被ばくモードでの検査を行います。

料金:10,000円(税抜)

【部位別がん死亡数】 







【胸部CT検査】
最新式のマルチスライス16列CT検査装置により、肺や気管、気管支の撮影を行い検査します。X線被ばくを低減するモードでの撮影を行います。胸部レントゲン1.5~2.0枚程度の被ばく量での検査が可能となっています(標準体型の場合)。肺がんの早期発見やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの早期発見にも有用です。

【胸部レントゲンとの違い】
胸部レントゲンでは、見つけることが出来ない小さな陰影を見つけることができます。また、心臓や横隔膜に重なって見つかりにくい、病変も見つけることができるようになります。

【当院のCT検査装置について】
埼玉県の医療機関では3番目、診療所では2番目となる最新式16列マルチスライスCT『シーメンス社製SOMATOM go』を導入いたしました。タブレット端末を用いたオペレーションが可能で、最先端の撮影技術による被ばく低減を可能にした検査装置です。錫(Sn)フィルタ(Tin filter)により、例えば、胸部単純XPと遜色のない低線量の撮影モードで肺がんの診断に十分な画像を得ることができます。





【画像診断(読影)について】
CT検査の画像診断には、専門的な知識と経験が要求されます。当院のCT検査では、専用回線を用いた安全でスピードのある遠隔読影システムを構築し、放射線診断専門医に河辺医師が速やかに読影を行います。

オプション検査

只今準備中です。