湿疹・皮膚炎

  免疫システムの過剰な働きにより皮膚に炎症を起こした状態を湿疹・皮膚炎と呼びます。 私たちの身体では、外部からの刺激に対して防御する機能があります。これが免疫システムと呼ばれるものです。

湿疹や皮膚炎が起こる原因として、様々な外的刺激や対内的要素などがあげられます。以下一例として記載致します。

【外的刺激】
・化学的刺激:化粧品、薬剤、洗剤など
・物理的刺激:乾燥、日光、寒冷、温熱など
・アレルゲン:ハウスダスト、花粉、植物、金属など

【体内的要素】
・皮膚異常(乾燥、皮脂、発汗)、アレルギー体質、内臓疾患など

症状としては、発疹や腫脹、発赤や水膨れ等が発現し、かゆみや疼痛を伴うこともあります。一過性のものではありますが、適切な外用薬を使用しないと症状が長引いたり拡がったりすることがあります。
治療法は、皮膚の状態、かゆみや痛み、部位などから適切な外用薬を選定し、必要に応じて抗アレルギー剤等の内服薬を使用します。