高血圧症

高血圧症は、40歳以上の日本人の半数が罹患していると言われています。あまりに身近であること、自覚症状が少ないことから、放置されることが多い疾患です。高血圧の状態を放置していると動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞、腎不全などの重大な病気をひき起こすことも少なくありません。高血圧は、血管が細くなったり、心臓から送り出される血液の量が多くなることによって、血圧が高くなる疾患です。大きく本態性高血圧と二次性高血圧に分けられ、前者が原因の分からないもの、後者が腎臓やホルモン異常が原因でひき起こされるとされています(原発性アルドステロン症・腎血管性高血圧など)。

治療

二次性高血圧のように原因が特定されるものの場合は、原因となる疾患を先行して治療する事が一般的です。しかしながら、大半が原因が特定できな本態性高血圧です。本態性高血圧は、遺伝的な素因と運動不足や肥満、喫煙やアルコールの摂取、塩分のとり過ぎなどの生活習慣が関わっていると考えられていますが、現在のところはっきりした事は分かっていません。高血圧症は収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上というのが、現在のガイドライン上の基準となっていますが、Drが年齢などを考慮しながら治療にあたります。運動療法や塩分を控えた食事療法など生活改善で良くなる場合もありますが、中等度以上の高血圧の方は、生活改善と同時に内服薬による治療を行うことが一般的です。

脂質異常症(高コレステロール血症)

脂質異常症とは、血中の中性脂肪(TG)やコレステロールが高い状態のことです。高LDLコレステロール血症、高TG(中性脂肪)血症、低HDLコレステロール血症の基準値が設けられています。
高血圧症と同様に、自覚症状がすくないため特に放置されやすい病態といえます。コレステロールには種類があり、悪玉コレステロールでおなじみのLDLコレステロールは動脈硬化の原因となりますが、HDLコレステロールは逆に動脈硬化を防ぐ役割をしています。

原因

脂質異常症は、先天的なものとして遺伝的要素があります。それに加えて後天的なものとして、適量を超えた食事摂取やアルコール摂取、運動不足や喫煙といった生活習慣が深く関与しています。また、LDL受容体の遺伝子異常に起因する家族性高コレステロール血症は、日本人の約0.2%(500人に一人)の割合でおこると言われています。

検査と治療

前述したとおり、自覚症状がすくないため、症状から早期発見に至ることは困難で、血液検査でわかることがほとんどです。脂質異常の病態が長く続くと、増えた脂質が血管の内側に溜まり血管を傷つけて動脈硬化を引き起こし心筋梗塞や脳梗塞の原因になる恐れがあります。これらの合併症を防ぐことを目的として治療をおこないます。適量の食事摂取や適度な運動による生活習慣の改善にて数値が下がることもありますが、遺伝的要素も関与していて数値が下がらない事も少なくないため、その場合はDrの判断により様々ある薬の中からそれぞれの方にあった服薬を選び治療を行います。

高尿酸血症

高尿酸血症とは、体内に尿酸が蓄積され血中尿酸濃度が一定の基準値を上回ることを言います。魚卵などに多く含まれるプリン体が余分になると尿酸になり尿から排出されます。尿酸が過剰に産生されたり、腎機能の低下などによりうまく排泄できなくなると、血中に含まれる尿酸の濃度が高くなります。体内に溜まった尿酸の結晶が関節に沈着すると炎症を起こし激しい痛みをともなうことがあります。特に足の親指の付け根や足首に沈着すると、痛くて歩けないほどに腫れあがり、いわゆる痛風発作といわれる状態になります。通常1日以内に痛みのピークに達し、3~10日程度で自然におさまりますが、高尿酸血症を放置すると発作は再度おこります。

原因

適量を超えたプリン体を含む食品やアルコールの摂取と遺伝的関与が組み合わさり、尿酸の産生と排泄のバランスが崩れることにより、高尿酸血症を引き起こします。

検査と治療

診断は、血液検査による血中の尿酸値測定にて行います。痛風については、症状からの診断が可能ですが、発作時は血中の尿酸値が低くなることもあります。また、合併症として尿の排泄時に尿酸の濃度が高くなると、尿酸の石(尿酸結石)ができることがあり、尿路結石症になると腰背部の強い痛みとともに血尿が出ることがあります。腎臓内にできた石は超音波(エコー)にて検査することができます。 治療は、食事療法・運動療法によるものと、内服による治療があります。食事療法ではエネルギーの摂りすぎの改善により内臓脂肪や体重の適正な管理をすることにより尿酸値の改善につながることもあります。また、前述したプリン体を多く含む食品をなるべく控えることが必要です。併せて運動不足の解消などによる生活習慣の改善が基本となりますが、必要に応じて尿酸の体内での生成を抑える薬や尿酸の排泄を促す薬などが医師の判断により処方されます。痛風発作時は痛み止めを使用することが一般的です。

糖尿病

糖尿病は、血中のブドウ糖の濃度(血糖)が高い状態が続く疾患です。飲食で摂取する糖分は消化され、血中に入りブドウ糖として体内で使われます。その際、膵臓から出るインスリンが血中ではたらき血糖を調整します。このインスリンの働きが不足すると血糖値が高い状態となります。初期は、ほとんど無症状のため、放置されることが多い疾患です。この状態を放置すると、徐々に血管や神経を傷つけ目や腎臓、神経、心臓、脳、皮膚などにさまざまな合併症を引き起こすことがしばしばあります。早期診断と早期治療を始めることにより血糖のコントロールと合併症の予防ができるため、健康診断での異常が見つかった場合や、気になる症状がある方は早期に受診されることをお勧めいたします。

原因と種類

通常、血糖値は、体内のインスリンとよばれるホルモンの作用により、ほぼ一定の値に維持されています。この仕組みがうまく働かなくなり、血糖値が高い状態が続くのが糖尿病です。はっきりした原因はわかっていませんが、遺伝的な因子によるものと、肥満や過食、運動不足などの環境因子からくるものがあるといわれています。
【1型糖尿病】
遺伝的な因子やウイルス感染が原因ではないかと考えられていますが、はっきりした原因は特定されていません。膵臓でインスリンを作るための細胞(β細胞)が破壊され、体内のインスリン量が不足して起こり、比較的若い年代(10~20歳)に多いタイプの糖尿病です。
【2型糖尿病】
日本人の糖尿病患者の95%以上は、2型糖尿病に分類されます。飲食を含めた生活習慣が深く関連しているタイプです。インスリンの出る量が少なくなり起こるものと、細胞がインスリンの作用を受けにくくなりブドウ糖の吸収がうまくできなくなり起こるものがあります。

治療

食事療法と運動療法が基本となります。特に2型糖尿病は、食生活と運動不足などの生活習慣が深く関係しています。食事療法や運動療法がうまくいかず血糖値が正常に戻らない場合、急いで下げなければならないような高値の場合などに薬物療法をおこないます。1型糖尿病の場合は、診断後まもなく、インスリンによる治療となりますが、血糖値のコントロールとインスリンを減量するためにも、食事療法と運動療法を行うことが重要です。

狭心症

心不全

心房細動

心筋梗塞

かぜとは

気管支炎

インフルエンザ

感染性胃腸炎

膀胱炎

過活動膀胱

便秘症

貧血(鉄欠乏性貧血)

めまい

骨粗しょう症

不眠症


初めて当院をご利用になる方は、あらかじめ問診票にご記入の上
お持ち頂きますと、受付がスムーズです。

問診票(PDF)

を印刷してご記入ください。

ご記入された問診票は、ご来院時、受付にご提出してください。

週間診療スケジュールはこちら




大野クリニック
埼玉県此企郡小川町小川491-2
TEL:0493-74-1868
駐車場40台完備
東武東上線・八高線小川町駅から徒歩7分
関越自動車道嵐山小川町ICより10分

小川町・東松山・嵐山・森林公園・ときがわ・吉見・日高・東秩父・越生・熊谷・深谷・寄居・長瀞・皆野・秩父・坂戸・鶴ヶ島・川島・川越などのエリアからご来院いただいております。


大野院長の 火曜日午後土曜日午後の診察は予約制となっております。
☆午前は予約なし・順番制となります。
※受付・お電話0493-74-1868でご予約が可能です。(空きがあれば、当日予約もOK)
予約方法についてはこちら