かぜ(感冒)・咽頭炎・気管支炎・上気道炎

かぜは、ウイルスや細菌などが、気道にはいり粘膜に付着・侵入し増殖することによって発症します。免疫によって、症状が出ずに終わることもあります。上気道(鼻・咽頭・喉頭)や下気道(気管、気管支、肺)が急性炎症をおこす疾患を総称してかぜと呼んでいます。

原因

かぜと呼ばれるものの8~9割がウイルスが原因と言われています。主なものとして、コロナウイルス、ライノウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルスなどがあります。その他、溶連菌(A群β溶血性連鎖状球菌)、百日咳菌やマイコプラズマ菌といった細菌や非定型病原体などがあげられます。

症状

鼻水、鼻づまり、のどの痛み、せき、たん、発熱、悪寒、頭痛、倦怠感など軽症なものから、40℃近くの高熱がでたり症状が長引くことなど様々です。

治療

安静、水分・栄養補給により、自然に治癒することもしばしばあります。内服では、患者さんの症状にあわせたお薬の選択が一般的になり、総合感冒薬の処方は減ってきています。 予防することがとても重要で、かぜの流行っている時などには、 外出時のマスクの着用、外出後の手洗いうがい手洗いが予防につながります。



>週間診療スケジュール

大野院長の 火曜日午後土曜日午後の診察は予約制となっております。
☆午前は予約なし・順番制となります。
※受付・お電話0493-74-1868でご予約が可能です。(空きがあれば、当日予約もOK)
予約方法についてはこちら